2009 主将の抱負
法政大学野球部主将
石川 修平(捕手・小山西)


 昨年は春5位、秋4位と情けない成績に終わりました。いつも応援していただいている方々には、本当に申し訳なく、自分たち選手も悔しい思いをしました。昨年は、チームとして一つになれず、大事な場面ではミスが出て、チャンスでは力を発揮できないという精神的な弱さが露になりました。
 なので、今年はチームとして全てをCHANGE(変革)しようという気持ちで日々の練習に取り組んでいます。どんな練習でも手を抜かず、さらに野球以外の生活にも目を向けて行動、生活していけば必ずチームは変わると信じてやっています。これからも、“法政”という自覚と誇りを持ち、全ての行動、生活は野球につながっているという気持ちでやっていきたいと思います。
 今年は何があっても結果を出さなければならないと思っています。試合で力を発揮できるように準備をしっかりやって、チーム全員で最後まで戦いますので、これからも御声援よろしくお願いします。

東京大学野球部主将
高橋 雄康(内野手・米沢興譲館)


 本年度東京大学硬式野球部主将を務めさせていただきます、高橋雄康と申します。
 東京六大学野球ファンの方々におかれましては、日々多くの暖かいご声援賜りまして誠にありがとうございます。弊部では昨年度、勝ち点奪取を目標に練習に取り組んで参りましたが、結果は春季秋季両リーグ戦において勝ち点を一つもとることができず、部員一同たいへん悔しい思いをいたしました。
 本年度のチームでは、野球におけるすべての取り組みをチームの勝利のためのものとして位置づけ、選手及びスタッフ全員が絶対に勝ち点をとるという強い意志を持ち練習に励んでおります。本年度は、神宮球場で皆様に強い東大をお見せすることができるよう、リーグ戦まで残された時間を大切に精進して参りますので、変わらぬご声援のほど、よろしくお願いいたします。

立教大学野球部主将
中山 怜大(内野手・日大三)

 本年度、主将を務めます中山怜大です。
 私が入学してから三年、「優勝」という二文字を掲げてやってきた訳ですが、結果は下位に甘んじてきました。気が付けば最上級生。最上級生を中心に「立教の意地を見せてやる」という気持ちを持って日々練習に励んでおります。
 又、我が野球部は、本年で創部100周年を迎えます。
 これまで先輩方が築き上げた立大野球部としての‘自信’‘誇り’。これらの集大成を見せつけられるチームを目指して頑張っていきたいと思います。
 なかなか結果が出なくても、温かく見守ってきてくださっているファンの皆様と共に、立教大学野球部創部100周年に「優勝」という華を添えてお祝い出来るように必死になって、選手一同日々邁進して参りますので、本年度もご支援、ご声援の程、よろしくお願いいたします。

早稲田大学野球部主将
山川 陽祐(外野手・中京)


 本年度、早稲田大学野球部の主将を務めさせて頂きます、山川陽祐と申します。
 昨年の秋季リーグ戦では、多くの方々からのご尽力いただいたお陰で、2季ぶりのリーグ優勝を成し遂げることができました。しかし、六大学代表として臨んだ明治神宮野球大会においては準決勝で敗れ、大変悔しい想いをしました。その悔しさを糧に部員一同、春のシーズンでも「文武両道日本一」を目指し、全力で日々の練習に励んでおります。そして、早稲田の名に恥じないよう一戦一戦全力で戦い抜きたいと思います。
 本年度も早稲田大学野球部を中心に各校でリーグ戦を盛り上げていき、神宮球場をファンや各校校友、学生で満員にしたいと考えております。今春のシーズンも東京六大学並びに早稲田大学野球部への変わらぬご支援、ご声援並びにご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

慶應義塾大学野球部主将
漆畑 哲也(内野手・慶應)


 本年度、慶應義塾大学野球部主将を務めさせて頂きます、漆畑哲也と申します。
 私が野球部に入部してから3年間計6シーズン、優勝を経験していない現状があります。昨シーズンは2位とあと一歩のところで優勝に手が届きませんでした。この悔しさをばねに「”日本一”のTEAMを創り上げる〜No stop! No limit!〜」というスローガンの下、来春のリーグ戦優勝、そして日本一を目標にし、日々練習を重ねています。
 昨年慶應義塾は創立150年、野球部も創部120年を迎えました。これまで先輩方が積み上げられた伝統を受け継ぎ、また新たな1ページを開くべく部員一丸となって頑張っていこうと思います。
 最後になりましたが、本年度も東京六大学野球、ならびに慶應義塾大学野球部へのご声援の程宜しくお願い致します。

明治大学野球部主将
遠山 裕太(内野手・松商学園)


 本年度明治大学野球部主将を務めます遠山裕太です。新チームスタートにあたり部員全員の魂を結束して、リーグ戦優勝、大学日本一という目標に向かい全力で突き進むという意味合いで『魂結邁進』というスローガンを掲げ、この春のリーグ戦まで練習に取り組んで参りました。大学一のチームの結束力、今まで取り組んできた練習への自信そして、絶対に優勝するという強い気持ちを持ち全力で頑張っていきます。本年度も東京六大学、ならびに明治大学へのご指導ご声援の程、よろしくお願い致します。
Copyright Tokyo Big6 Baseball League All Rights Reserved.