2004 新主将紹介

東京大学野球部主将
杉岡 泰(内野手・木更津)

 本年度主将を務めることになりました杉岡泰です。昨秋は、他大をあと一歩のところで追い詰めながら、終盤に粘り負けするケースが度々ありました。この原因の一つは、”自分たちで勝利をつかむ”という意思の弱さにあったと思います。そこで今年は、日々の練習において、技術面、体力面の向上はもちろんですが、それ以上に「勝利を信じる力」の基礎となる、個々の自信やチームメイト間の信頼関係をより一層強化することに重点を置き、最後の最後まで勝利に向かって果敢に挑戦していけるチームを作っていきたいと考えています。一年間、宜しくお願いいたします。


立教大学野球部主将
多幡 雄一(内野手・星稜)
 本年度主将を務めさせて頂きます、多幡雄一と申します。今年は新監督を迎え、今まで以上に選手と監督のコミュニケーションと選手間のコミュニケーションを図り、チームをまとめていきたいと思います。またリーグ戦経験者を中心に、常に試合を意識した練習を行えるように、神宮の雰囲気を伝えていきたいと考えています。今年一年間一日一日を大切に過ごして、良い結果が出せるよう頑張っていきたいと思いますので応援宜しくお願いします。


早稲田大学野球部主将
田中 浩康(内野手・尽誠学園)
 こんにちは。今年度早稲田大学の主将を務めさせていただく田中浩康です。一昨年、和田さん、そして昨年、鳥谷さん、比嘉さんなど、皆さんに注目を浴びた選手を中心に投打がうまく噛み合って創部史上初の4連覇という記録を先輩方が築きました。その偉大な記録を引き継いでスタートした新チームは昨年の主力メンバーが投打ともに抜け、新たな顔ぶれが並ぶことになります。レギュラーが決まらない分、100人の部員が9つの席をめぐって、激しいポジション争いを繰り広げ、切磋琢磨しあってチーム力を徐々に挙げていきたいと思います。先輩方にいただいた4連覇という記録、そして六大学野球連盟史上初の5連覇への挑戦権を胸に今年も一球入魂の精神で邁進します。厳しい1年間のシーズンになると思いますが、1戦1球を大事にして、学生らしく、はつらつと、青空の神宮球場で強い早稲田を今年もお見せできるよう頑張ります。そして、6校が白熱した試合、リーグ戦にすることで強い六大学、面白い六大学野球を展開し、神宮球場を多くの六大学ファン、各校校友、そして多くの学生で満員にしたいと思います。今年度も六大学野球、そして早稲田大学野球部を宜しくお願い致します。


慶應義塾大学野球部主将
中村 太郎(外野手・大宮)

 本年度、慶應義塾大学野球部主将を務めさせて頂きます、中村太郎です。
 昨年度は優勝という目標を掲げつつも、春秋リーグ戦共に三位という結果に終わりました。優勝という目標を現実のものとするためにはこのままではいけないという事で、新チームになってから新四年生は普段の会話から野球談義をする事が多く、その中で意見をぶつけ合いながら、塾野球部の本来あるべき姿や方向性など、強くなる方法を探っています。その中で、新四年生を中心にリーグ戦経験者が非常に多い今年のチームは、経験者がその経験をいかすため、それぞれが優勝という目標と自覚を持ち、日頃の練習からチームを引っ張っています。
 また、今年のテーマは「全員野球」。部員一人一人がチームの勝利のために、何ができるのかを自発的に考え行動する。どんな選手でもチームのためにやれる事があり、もちろん自身の技術向上に努めるのは言うまでもありませんが、プレーに限らず自分の得意分野で部員全員がその力を十分に発揮してくれれば、そのチームは限りない強さを持つと考えています。
 本当に今年は優勝するチャンスが十分にあると思います。「今年優勝しなかったらいつするのだ」という位の意志と、優勝に対する強い執着心を持ってリーグ戦に臨み、そして、最終的に優勝を勝ち取った際には、部員全員で共に喜べるチームにしたいと思います。


明治大学野球部主将
西谷 尚徳(内野手・鷲宮)
 今年のチームスローガンは『王座奪回〜原点に戻って〜』です。新チームも、川口新監督,善波新コーチのもと、充実した環境の中で練習に励んでいます。リーグ戦経験者が多数残りましたが、各ポジションごとのレギュラー争い、チーム一丸となってのスタイルは変わりません。
 選手一人一人が自覚を持ち、常にレベルアップしをはかり、その中でチームとして勝ちぐせををつけ、野球を覚えていこうと考えております。
 今年は優勝、そして日本一を目指し、チーム全員で『人間力』を胸に秘め、頑張っていきたいと思っています。応援宜しくお願いします。


法政大学野球部主将
植野 悠高(捕手・土佐)

 「基本に忠実に」が今年の野球部のスローガンに決定しました。まずはそのスローガンをチーム全体に浸透させていこうと思います。新主将に任命され、自分自身に対して求められるものも、今までとは違ってきますし、練習中や寮生活においても目を配っていかなければなりません。今、法政大学野球部は五季連続で優勝を逃しています。今年こそはチーム一丸となり、天皇杯を奪回するつもりで頑張っていきたいと思っていますので、応援宜しくお願い致します。

Copyright Tokyo Big6 Baseball League All Rights Reserved.