2021 主将抱負
三浦 銀二
法大野球部主将
三浦 銀二 (投手・福岡大大濠)

 この度法政大学野球部主将を務めます。三浦銀二です。
 昨季リーグ戦では非常に悔しい思いをして自分たちの野球ができない歯痒いシーズンとなりました。監督含め新体制となり、スタッフ陣とのコミュニケーションを取りながら勝てる組織作りをして、一日一日無駄にせず昨シーズンの悔しさを糧に、常に挑戦者の気持ちを持ってこの一年間覚悟を持って全力で頑張ります。
 最後になりますが、皆様の応援が我々にとって非常に大きな力になっています。今年度も東京六大学野球並びに、法政大学野球部への変わらぬご声援、ご声援の程宜しくお願いいたします。

大音 周平
東大野球部主将
大音 周平 (捕手・湘南)

 本年度東京大学野球部主将を務めます、大音周平です。
 去年のリーグ戦ではあと一息というところで勝ちきることができず、非常に悔しい思いをしました。そのため今年のチームは、どうして去年の代で勝てなかったのか、様々な観点から自分たちを見つめ直しました。その意識は今年のスローガンである「変革」にも込められています。勝利のために個人、そしてチームが進化していく姿を皆様にお届けしたいと考えております。
 最後になりますが、本年度も東京六大学野球並びに東京大学への変わらぬご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

太田 英毅
立大野球部主将
太田 英毅 (外野手・智辯学園)

 本年度立教大学野球部主将を務めます、太田英毅です。
 過去3年間、優勝を経験できず悔しい思いをしてきました。現役選手で優勝を経験している者がいないからこそ、今年は例年以上に優勝に対しての熱い執念を持って戦います。部員全員が一体となって優勝に向けて進んでいく、また進化するという意味を込め、本年度のスローガンは「一進」にしました。勝ちにこだわる野球をリーグ戦ではやります。その中で学生らしく爽やかに、そして立教大学野球部らしく野球を純粋に楽しむ姿を神宮球場で見ていただきたいです。部員のみならず、応援してくださる全ての方々と一体となり、優勝という栄光を掴みます。
 最後になりましたが、本年度も立教大学野球部ならびに東京六大学野球連盟への変わらぬご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

丸山 壮史
早大野球部主将
丸山 壮史 (内野手・広陵)

 早稲田大学野球部第111代主将を務めさせていただきます丸山壮史です。
 昨年は、秋季リーグ戦で、10季ぶりの優勝を成し遂げることができました。最上級生を中心とした結束力やチームへの貢献の姿勢など、強いチームに必要な多くのものを得られた一年となりました。本年は、初代監督である飛田穂洲先生の教えである、「一球入魂」をスローガンに決定いたしました。早稲田大学野球部に受け継がれる飛田先生の教えを部員一同改めて肝に銘じ、昨秋に続く連覇を目指し、強い早稲田を取り戻せるよう精進してまいります。
 最後になりますが、本年度も、東京六大学野球連盟、ならびに早稲田大学野球部へのご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

福井 章吾
慶大野球部主将
福井 章吾 (捕手・大阪桐蔭)

 こんにちは。慶應義塾体育会野球部主将の福井章吾です。
 弊部は昨年度、春秋ともに二位という悔しい結果に終わってしまいました。あと一勝、あとアウト一つの難しさを部員全員が痛感し、この悔しさを晴らすべく新チーム結成以降は厳しい練習に取り組んできました。他大学よりも努力しなければ、勝つことができないということを常にチーム内で言い聞かせ、勝つためにやるべきことをとことん追求して参りました。本年こそリーグ戦優勝、日本一、そして宿敵である早稲田に勝てるよう、部員一同一丸となって戦って参りたいと思います。
 最後になりますが、本年度も慶應義塾体育会野球部ならびに東京六大学野球連盟への変わらぬご支援ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

丸山 和郁
明大野球部主将
丸山 和郁 (外野手・前橋育英)

 明治大学野球部主将の丸山和郁です。日頃より明治大学野球部、並びに東京六大学野球への温かいご支援、ご声援誠にありがとうございます。
 昨年度は沢山の方々のご尽力を賜り、このような状況下ですがリーグ戦を開催することができました。改めて野球ができる喜びや多くの方への感謝を胸に戦いましたが、優勝から遠ざかり結果で恩返しをすることが叶いませんでした。この悔しさを忘れることなく、自分たちに足りない部分を再確認し、約1か月に亘る強化期間を通じて心技体の向上に努めて参りました。今年は他五大学へ挑戦者として挑み、明治らしい粘り強い野球を体現し、リーグ戦優勝・日本一を奪還します。
 今年度も温かいご声援をよろしくお願いします。