2017 新主将の抱負

立教大学野球部主将
熊谷 敬宥(内野手・仙台育英)

 本年度、立教大学野球部主将を務めます熊谷敬宥と申します。
 昨年は春、秋ともに優勝を争うも、春二位、秋四位という悔しい結果に終わりました。今年こそ悲願の優勝を達成出来るよう、日々練習に励んでおります。
 今年のスローガンは「戮力同心」に決定致しました。今年のチームは昨年のチームで活躍していた四年生が引退し、多くの選手にレギュラーの獲得やベンチ入りのチャンスがあるチームです。また、昨年のチームと違い、力が突出した選手はいません。一人一人がチームにどのように貢献していくのか考え、チームの総力で戦っていく必要があります。部員全員が力を合わせ、断固たる決意をもってこの一年に臨むという思いをこのスローガンに込めました。優勝する為にはこれから待ち受ける困難を乗り越えなければなりません。このスローガンを胸に部員全員で優勝へと突き進んで参ります。一年間、どうぞ宜しくお願い致します。

早稲田大学野球部主将
佐藤 晋甫(内野手・瀬戸内)

 本年度、早稲田大学主将を務めます佐藤晋甫です。
  一昨年度の春季・秋季リーグ戦優勝、全日本大学野球選手権大会優勝、明治神宮大会準優勝という結果から一転し、昨年度のリーグ戦では春5位、秋3位と結果が振るわず非常に悔しい思いをしました。新チームが始動し、昨年度の雪辱を果たすべく、今一度、基礎基本の見直しを図り、堅実かつ粘り強い野球を全部員が一丸となって目指していく所存です。本年度はこれまでご支援、ご声援を下さった皆様への恩返し出来るよう、東京六大学野球リーグ戦優勝を第一の目標とし、その先の日本一へ向け頑張って参ります。最後になりましたが、本年度も早稲田大学野球部への変わらぬご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

慶應義塾大学野球部主将
照屋 塁(内野手・沖縄尚学)

 本年度、慶應義塾体育会野球部主将を務めます照屋塁です。
  新チーム始動から4ヶ月が経ち、日々質の高い練習を心掛け、取り組んでいます。昨年は春4位、秋2位という結果で終わり、両シーズン共早慶戦を迎える前に優勝の可能性が消えてしまった、非常に悔いの残る1年でした。現在我が部では、天皇杯を逃した悔しさを部員1人1人が決して忘れることなく、来るべきシーズンに向け厳しい練習に取り組み、日々チーム力を高めております。本年こそ「全勝優勝・春秋連覇・日本一」を達成すべく、チーム一丸となって戦ってまいりたいと思います。
 最後になりますが、本年度も慶應義塾体育会野球部ならびに東京六大学野球連盟への変わらぬご支援ご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

明治大学野球部主将
中野 速人 (内野手・桐光学園)

 明治大学野球部主将の中野速人です。日頃より、皆様に熱い応援をして頂いていることを心より感謝申し上げます。
 昨年度は、リーグ戦春秋連覇と明治神宮大会も史上最多6回目の優勝のシーズン3冠という結果を残すことができました。しかし、全日本大学野球選手権大会での初戦敗退という悔しい思いはぬぐえないままでいます。
 昨年チームを引っ張り続けた先輩方のリーダーシップや一人一人の行動力から多くを学んだ私たちはチームスローガンとして「継なぐ」を掲げました。最終学年を主将として迎える今、明治大学の伝統を継なぎ、チーム一人一人の良さを継なぎ、強い結束力のあるチームを目指します。今季はリーグ戦3連覇を目指すとともに、昨年の成し得なかった全日本選手権大会を優勝するため、精一杯努力して参ります。
 本年も変わらぬご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

法政大学野球部主将
森 龍馬(内野手・日大三)

 法政大学野球部主将の森龍馬です。
 2012年秋に優勝して以来、4年間優勝することができていません。そんな苦しい状況でも応援し続けてくださっている方々、そして応援団の方々には本当に感謝しております。入部以来、悔しい思いばかりしてきましたし、勝つことがいかに大変かというのは嫌というほど感じてきました。優勝するために改めなければならないことを日々考え、実践していきます。
 本年度のチームスローガンは「PRIDE〜王者復活への第一歩〜」です。この素晴らしい歴史と伝統のある法政大学野球部の部員として六大学野球リーグで戦うことに誇りと責任を持ってプレーします。そして偉大なる先輩方が王者として大学野球界を引っ張っていたころのように、この1年間で王者復活への第一歩を踏み出し、後輩たちに繋いでいきます。
 春、秋と応援してくださる方々とともに神宮球場で喜びたいと思っておりますので、本年度も法政大学野球部へのご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

東京大学野球部主将
山田 大成(内野手・桐朋)

 本年度東京大学野球部主将を務めます、山田大成と申します。
 昨年は東京六大学野球並びに東京大学へのご声援ありがとうございました。昨年、東京大学は春季リーグで3勝、秋季リーグで1勝、年間で計4勝を挙げました。年々成長を実感する一方で、目標としていた勝ち点奪取及び最下位脱出は達成することができませんでした。今年はその経験と悔しさを胸に、他の五大学と互角に渡り合い、そして勝ち点を奪取することを目標に、部員一同日々精進して参ります。
 最後になりましたが、今後とも東京六大学野球並びに東京大学への変わらぬご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

Copyright Tokyo Big6 Baseball League All Rights Reserved.